IIJmioを丸一日とちょっと使ってみて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

IIJmioiconを丸一日とちょっと使ってみたレビューを書きます。どうしても今まで使っていたイオンSIMとの比較が多くなってしまいますが・・・。

昨日のレビューに動画を載せましたが、低速回線にしては快適です。公称200kですが、よほど混雑している時以外は200kを上回っている事が多いのです。スピードテストをするとよく解るのですが、最初は200k以上の速度でデータを送り出し徐々に200k近い所まで絞っていくような感じなのでストレスを感じにくいのかもしれません。ちなみにb-mobaileでスピードテストをすると最初が速度が遅い状態で始まり徐々に公称値に近付けているようです(しかし時間帯にもよりますが100k~130k程で深夜~早朝でないと150kに近い数値は出ない場合が多いです)

今ならこちらがおすすめ!同じ料金でWiFiスポットが使える!
icon

高速と低速の切り替えにも違いが

クーポンのONとOFFが出来ます。これはb-mobileにも同じような仕組み「ターボチャージ」がありますが、月額定額2980等の高速通信の残量が残っている場合はそれを使い切るまで高速しか出来ず、高速通信の残が無くなって初めてターボチャージでチャージした高速通信を必要な時だけON/OFFできます。

しかしIIJmioはバンドルされているクーポンの残容量をON/OFF出来ます。b-mobileと違い最初に割り当てられたクーポンの残容量が残っている状態でも低速通信が出来るので無駄がありません。そして切り替えを行うアプリにも違いがあります。ターボチャージはb-mobileのwebサイトからON/OFFを行う場合はネット接続の方法を問わないのですが、アンドロイドのアプリで切り替えを行う場合は切り替えを行おうとしているSIMがそのスマートフォンに取り付けてある状態でないと切り替えが出来ません。

しかしIIJmioの場合はwebはもちろんアプリからでもネット接続の方法を問いません。あと特筆する事がもう一つあります↓の画像を見るとわかりますがb-mobileには無いiOS用のアプリがあります。iPhoneからもwebサイトを開くことなく簡単に高速通信のON/OFFが出来ます。IIJmioを入れたWifiルーターをカバンに入れて持ち歩きiPod touchでネットを使い地図を見たりする時だけ高速通信をNOにするという使い方も可能かと思います。

自分の契約はまだ昨日ファミリーシェアプランを申し込んだばかりなので1回線分しか表示されませんが、残り2回線が開通するとその分も一緒に表示されるものと思われます。

IIJmioクーポンスイッチ

Youtubeが一応再生出来る(低画質モード限定)

b-mobileの低速通信では何十秒と読み込んで数秒再生してはまた何十秒と読み込んでと殆ど再生が不可能なYoutubeがIIJmioの低速通信ではたまに途切れはしますが、一応再生が出来ます。これはちょっと驚きました。そのうち比較動画をUPします。

Razikoは全く途切れない

Youtubeは「一応途切れながらも再生出来る」いうレベルでしたがRaziko(おそらくradikoも同じ)はバッファ15秒設定にて1時間程再生してみましたが全く途切れませんでした。昼の3~4時頃の比較的回線が空いている時間帯だったのでこれも改めて混雑した時間帯にテストする事にします。因みにb-mobeの場合はバッファを3分にしてもたまに途切れます。

以上が本日までのレビューです。引き続き使っていく中で随時レビューを書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする