Geek Uninstaller がバージョンアップストアアプリのアンインストールが可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

通常のコントロールパネルからのアンインストールは見た目ではソフトが無くなって綺麗に消えているように思いますが、実はファイルやフォルダ、レジストリキーにゴミが残ります。
以前から気に入って使用していたフリーのアンインストールツール「Geek Uninstaller」ですが、バージョンアップされ今までは対応していなかったWindowsストアアプリのアンインストールに対応しました。

windowsストアアプリのアンインストールに対応しただけでなく、通常はアンインストール出来ないプリインストール ストアアプリのアンインストールも出来る様です。

ダウンロードはこちら

アアプリのアンインストール方法

ダウンロードしたzipを解凍し、「geek」を起動します。
「表示」⇒「Windows Store Apps」を選択
GeekUninstaller
アンインストールしたいアプリをダブルクリック
GeekUninstaller2
アンインストールが始まり残された「ゴミ」が表示されるので、残さないといけない項目のチェックを外し(殆どの場合そのままでいいと思いますが、自分で判断する必要があります)完了をクリック
GeekUninstaller3
Windowsストアアプリはゴミは残らないだろう?と勝手に思っていましたが、新バージョンのGeek Uninstallerでいくつか不要なストアアプリの削除を試しましたが、今の所全てのストアアプリがゴミを残していました・・・。
所謂デスクトップアプリではゴミが残らないアプリもたまにあったのですがね。不具合を起こさない為にも不要アプリのアンインストールにはこれをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする