それでも全然OK – iOS10のプリインアプリは削除ではなく非表示

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「iOS 10」のプリインストールアプリは削除できるのではなく非表示になる──Apple幹部が説明

公開中のベータ版iOS 10でプリインストールされているアプリの不要なものを削除(アンインストール)できる機能搭載されたとの情報がありましたが、それは削除ではなく非表示だそうです。

上記リンクの記事より

「これがどういう機能で、どういう機能ではないかとはっきりしておく必要がある。(中略)アプリを削除するというのは、ホーム画面からアプリアイコンを削除し、そのアプリに関連するユーザーデータも削除するということだ。(中略)アプリのバイナリを実際に削除するのではない。その理由は2つある。まず、そもそもアプリの容量は小さい(ので削除する必要もない)。そして、最も重要なのは、これらの署名済みバイナリは、iOSのシステムアップデートのセキュリティアーキテクチャであり、アップデートごとにその整合性を検証するために必要なものだ」と説明した。

非表示になるだけでも十分

自分も標準アプリで不要な物はいくつかあるので「やった!」と思っていましたが・・・。
まあでも不要な物があるのは目障りなのでアイコンが消えるだけでもすっきりするので、非表示になるだけでもいいのでは無いか?と思います。「そもそもアプリの容量は小さい」⇒残っていても大して問題ない

国内のキャリアから発売されるAndroid端末はNEXUSシリーズ等の一部を除いてキャリアサービスのアプリがプリインストールされていて削除できない物が殆どです。
そして削除出来ないアプリがメモリーを圧迫する・・・・・。使わないようにするには「無効」にするぐらいしかなく、しかも無効に出来ないプリインストールアプリもあってイライラ。

なんだかんだ言ってアップルはユーザーの意見をちゃんと取り入れているのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする