NEC Mate 電源の修理とXPからVista経由でWindows7までアップグレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

NEC Mate PC-MJ18XAZ5UWSAの電源が入らないというのを知り合いから預かり修理してみました。症状を聞くと最近2回電源ボタンを押さないと電源が入らない。一度は使用中にいきなり電源が落ちたとの事でした。
確かに試しに電源を入れようとボタンを押すと一度目は電源ランプが点いてもすぐに消えてしまい、もう一度押すと今度は起動します。

症状からすると電源ボックスの不良ですね
NEC多いんです電源の不良・・・。

しかしなんと電源不良は置いといてもOSがWindows XP!しかもスタンドアロンではなくネットも光で繋がっている・・・こりゃまずい・・・電源よりXPがまずい!本体の横を見るとWindows7Proのプロダクトキーラベルが!ダウングレード権を使いXPにダウングレードしてあるモデルの様です。
Windows7Pro OA ラベル
MATEやVersaProはビジネスモデルなのでNECのサイトで型番を入力すると詳細の確認が出来ます。型番直接指定検索で型番を入力します。こんなふうに詳細が確認出来て便利です。丁寧にカタログPDFまであり見ると姉妹機もわかります。ビジネス用は個人用以上に後先の事を考えないといけないのでここまで詳細が確認出来るシステムが用意されているんですね。

やはりWindows7ダウングレード件を使用したWindows XPである事とこの機種はCeleron430ですが姉妹機にCore2Duo E7500を搭載したモデルがある事がわかります。
そこで家に転がっていたE4300に換装すると問題なく起動し動きも軽くなったのでこれで作業を進めそのまま返そうと思いますw

持ち帰り家にあった他の電源ボックスを繋ぎテストしてみると一発で立ち上がります。電源不良で間違いない様です。
こういう場合電源ボックスを開けるとコンデンサーが膨らんでいたり破裂してたりする場合が多いのですが、そういった外見上の異常は今回発見出来ませんでした。
外見の異常があればそのコンデンサーだけ交換すれば大抵の場合症状が改善します、しかしそれが無いので原因がわからず、面倒なのでヤフオクで電源ボックス丸ごと落札しました。
MSPSU200N-RPSCM
電源ボックスが届いて交換すると当然ですが電源ボタンを1回押すだけで立ち上がる様になりました。

スポンサーリンク

さて電源よりXPが問題

せっかくWindows7を使う権利があるのでアップグレードします。しかしXPから直接7にアップグレードは出来ませんのでVistaを経由します。つまり一度XPからVistaにアップグレードしてさらにVistaから7へアップグレードするという手順です。

バックアップしてクリーンインストールするという方法もありますが、Office等のアプリケーションのインストールディスクを預かってきませんでしたので、なんとかクリーンインストールをしないようにします。

その前にアップグレードに失敗するといけないので

↑これを使って余っているHDDに預かってきたPCのXPの状態をバックアップします。余談ですがこれSATA←→USB変換と単体でHDD/SSDのコピーも出来る優れものです。

そしてまずXP→Vistaのアップグレードです。
Vista
AnytimeUpgradeのディスクでVista Businessにアップグレードして、さらにWindows7Professionalにアップグレードします。

しかし・・・VistaがSP1以上でないとWindows7にはアップグレード出来ませんと怒られました。
SP1のインストールを始めます。するとアップグレードが3/3 – 100%まで進んで「インストールは成功しませんでした。エラーコード:0x800F0826

やっぱりVistaは不良品だーw
エラーコード:0x800F0826
気を取り直してサービスパック以外のWindowsUpdateを全部かけてみたりCCleanerをかけたり、りググって集めた情報等などいろいろ試しながら5回程SP1へのアップデートを試すも失敗・・・。

Windows10へのアップデートは最近自分や家族・知人のPCで何回かやっていて富士通のタッチパネル搭載Windows7PC(うろ覚えだけど型番FH77だったかな?)のアップグレードに失敗した以外はWindows7のPCもWindows10のPCもそのままアップグレード出来たので基本を忘れていましたが、
※8月4日追記失敗の原因判明→こちら

基本はクリーンインストール。どうしても出来ない時は不要なソフトを出来る限りアンインストールしてからアップデート

を忘れていました。一度XP状態で取っておいたバックアップを戻します。(バックアップ取ってて良かった。)

XPに戻した所で最終的にWindows7にアップグレードしてからサイドインストール出来るソフトを全部アンインストールします。
具体的にはFlash Reader プリンタドライバ ツールバー セキュリティソフト Framework C++ MSXML等 フリーでダウンロード出来るソフトです。
XP 不要なソフトのアンインストール
そしてDriver Boosterを使い全てのドライバーをアップグレードします。

そしてまずVistaにアップグレードします。ここまでは1度目も問題ありませんでした。そしてサービスパック1へのアップグレードですが、これも1回でアップグレードに成功しました。さらにWindows7へのアップグレードですが、これも問題ありませんでした。やはりXPの時点で入っていたソフトの何かが問題を起こしていたようです。
ただ無印のWindows7からSP1のインストールとその後のWindowsUpdateもかなり容量が大きくなって時間がかかったのは予想外でした。そこまで古くないOSと思いがちですが気が付けば7年近くなるOSなので無理もないでしょうが・・・。 そしてXPの状態で入っていたFalsh等のインストールを行います。最後にGWX Control Panelを使い勝手にWindows10にアップグレードされないようにしておきました。

Windows7SP1適用後のアップデートはこれを使おうと思ったのですがうまくいきませんでしたので何回かWindowsUpdateを繰り返しました。もう一度よく読んだら

1つのパッケージにセキュリティ関連・非セキュリティ関連のものを含んだ全てのアップデートが含まれ、2015年に公開されたservicing stack update for Windows 7があらかじめインストールされている必要はありますが、2011年2月から2016年4月までの過去5年間の全てのパッチを一気にインストールすることが可能です。

と書いてありました。よく読まないとダメですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする