昨日はいろいろ発表があったみたいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク


1日遅れですが・・・。
ソフトバンクがダブルLTE開始
「ダブルLTE」の提供開始について
現状都内の一部地域からスタートらしいので、ド田舎には全く影響が無いのですが、Softbank iPhone5がイーモバイルのLTEネットワークにも繋がるようになるらしいです。(自分はユーz-ではありませんが)イーモバイルLTEの速度が落ちないといいのですが・・・。そういえば今日ソフトバンクからiPhone4下取りするからiPhone5に変えないか?的なハガキが来てました
b-mobile スマホ電話SIMがLTE対応
Xi(LTE)対応音声通話SIMを業界最低料金で提供開始
LTEプラン+月額定額980の組み合わせだと多分「電話も出来てネットも出来る回線」の国内最低価格ではないでしょうか?しかし3Gのプランと違い無料通話が無いので、通話は着信専用になってしまうと思います。オプションで「Xiカケ・ホーダイ」があればいいと思うのですが?どこかのブログで「現状」b-mobileの音声SIMはドコモの「Xiカケ・ホーダイ」の無料通話対象になっているとドコモの151にかけて確認している人がいました。逆も技術的には可能だと思いますので・・・。
しかし一番衝撃だったのはこれです(自分に恩恵が無いので上記2点は正直どうでもいい)
IIJ、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の機能を拡充。国内MVNOとして初めて個人向け高速通信用データ量の翌月繰越が可能に
これは凄い!というか現状国内MVNOデータSIMで最強ではないでしょうか?
低速時200kとは素晴らしい!b-mobileが150kにしてきたので、その対抗策だと思います。しかしb-mobileの150k自分も使っていますがイマイチなのです。iijは128kでも結構レスポンスいいという記事を見ます。
低速と高速を自由に切替えバンドルクーポンが残っている場合でも低速高速が自由に切り替え出来るようです。これもb-mobileとの比較になってしまいますが、b-mobileはターボチャージでチャージした分は低速と高速を切り替えられますが、月額定額の高速通信分は使い切るまで低速にする事は出来ません。
高速データ通信データ量を翌月繰越できるこれも凄いですねMVNOが繰り越しをやるということは画期的ではないでしょうか?MNOでも音声の通話の繰り越しはやっていてもデータ量の繰り越しはやってないので凄いと思います。
ヘビーに使わないのであればIIJ+050 plusでかなり節約できるのでは?と思います。
自分もb-mobileを辞めてiijに乗り換える時が来たかな?と思っています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする