iOS6対応のsn0wbreezeがリリースiPhone4をiOS6.1へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

出張に出ていたので随分と更新できませんでした。その間にもガジェット関係で楽しい情報はいろいろありましたが、一番のニュースはやはりiOS6のJailbreak(untethered)ではないでしょうか?自分も試してみました。
evasi0nのリリースで殆どのiデバイスが脱獄出来るようになっていると思います。自分もiPhone5(KDDI)はリリース直後にこれを使い無事脱獄出来ました。(まだ情報を集めきれてはいないのでiOS6.0のまま脱獄しています。)
しかし自分はインストール済みのiOSにツールを使って脱獄を行う方法があまり好きではありません。気分的な物なのでしょうが・・・(笑)。
iPhone5は今まで未脱獄状態だったのでバックアップを完璧に取ってからevasi0nを実行するだけだったので特にトラブルも無く終わらせる事が出来ましたが、脱獄済みのiPhone4はそうもいきません。
自分のiPhone4はベースバンドを04.10.01で維持しているのでそれを上げたくはありません。unlockして遊ぶ事が出来なくなるからです。
ベースバンドを間違っても上げたくないというのが最大の理由でiPhone4のiOS6.1化は数日待ちました。数日経ちsn0wbreeze2.9.9がリリースされました。自分が待っていたのはこれです。これでカスタムファームウェアを作りインストールすればベースバンドが上がる心配もありません。

まずカスタムiOS6.1を作ります最近のsn0wbreezeはiOSのダウンロードまで手助けしてくれるので本当に楽です。デバイスとOSのバージョンを選択するとダウンロード出来ます。

カスタムファームを作り終えたらiREBでPwnedDFUモードに入ります。

PwnedDFUモードに入れたら、iTunesでShiftキーを押しながら「復元」をクリック
カスタムファームウェアのインストールが始まります。エラーが無く復元が終われば成功です。iPhone4ではiOS5よりiOS6の方が動作が軽いという情報をどこかで読んだ記憶がありますが、その通りですね。確かに軽くなったような気がします。ただこれはまだ脱獄アプリがSBSettingsくらいしかインストールされていないので、なんともいえませんが・・・。数日いろいろためしてみます。
iPhone5の方も情報をきちんと集めiOS6.1にアップデートしたらそれも記事にします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする