ノートPC捨てる前に分解したら修理出来た。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

焦げ臭い臭いがして電源が入らなくなって放置していたノートパソコン「 HP Compaq 6710b 」部屋を片付ける時に捨てようと思ったのですが、どっちにしても処分するなら分解してみようと思い、その前にもう一度電源を入れるとやっぱり焦げ臭い・・・。分解してみました。

分解してもう一度電源を繋いでみると、やはり焦げ臭いがして、火花が出ました火花が出た部分をよく見るとチップコンデンサにひびが入っています。このチップコンデンサを交換すれば多分動くようになる?と思い交換です
6710b分解1 6710b分解2
半田ごてでひびが入ったチップコンデンサを外し、
6710b分解3 I6710b分解4
新しいチップコンデンサを取り付けます。試しにこの状態で電源を入れるとBIOS画面出ました!復活??まだわかりませんが。
6710b分解5 6710b分解6
試しにWindows10をインストールしたらセットアップは最後まで走りました。やっぱり復活です!!完了です。セットアップ中に驚いたのはこの6710bには指紋センサーが付いているのですが、なんと指紋を登録する画面が出るではないですか!以前はWindows7で使っていたのでそんな画面も出ず指紋センサー自体も使ったことはありませんでした。
6710b復活 6710b指紋センサー
立ち上がってきたら指紋センサーに指を滑らせるだけでログイン出来てとても便利です。
Core2Duo T7250でメモリー4GB そして余っていたSSDを取り付けたので快適に使えるパソコンになりました。(このパソコンで動画編集などをする訳ではないので・・・)この記事も修理した6710bで書いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする