パソコンが調子悪い(その5)結局最低限の構成でもダメそして遂に原因が!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

マザーボードに最低限の物しか繋がない状態で快適に動いていたので溜っていた作業をいろいろ済ませてメールの返信をしていた時にマウスを触ると・・・・・。来ました一瞬フリーズうぅー・・・・。
もう海に投げ捨ててやりたい気分です。(家の目の前が海なので・・・。気分だけですよ気分だけ海にゴミを捨てちゃいけません。)
いよいよ原因が絞られてきたと言えば絞られてきました。難しいのは完全に固まって動かなくなるわけではないのです。何かをやっているタイミングでもないのです。そしてソフトウェア的なトラブルでは無いのです(多分)デバイスマネージャからWINDOWSのシステムで無いプログラムを全部止めても一瞬固まる現象は起きました。
今までの経験上マザーボードがおかしいと、全く立ちあがらないか途中で完全に固まります。CPUがおかしいと長く起動していて熱を持つと同じく完全に固まります。メモリーがおかしいとソフトが沢山立ち上がっていくうちにメモリーのエラーが有る部分を使用するとこれまた完全に固まるかそうで無くても画面にノイズが走ったりします。
多少調子が悪くてもパソコンが完全に固まらない事もあるパーツは・・・・・そうハードディスクです!ハードディスクは不思議と壊れかかっていても症状が酷くなる前は動きが遅くなったりしながなもなんとか動く時があります。でもこのハードディスクはエラーセクタも無いし・・・・。やっぱり訳がわかりませんWesternDigital のWD10EACS-00D6B0と言うのを使っていました。

$ド田舎ガジェット日記

何か情報が無いかと思ってぐぐってみようと検索窓に「WD10EAC」まで入れると「他のキーワード:」の中に
「wd10eacs低速病」
という候補が・・・・・。とってもいやな予感・・・・。予感は的中です「低速病」などとネットで名前が付けられている場合大体ろくな事がありません。個人の方のブログにしか情報が無かったのでリンクは控えます興味があるかたはぐぐってみて下さい。
「低速病」の症状は
「音楽や動画のシークで固まる」
「ファイルの読み書きが1MB/s,10MB/s等に低下する」
「フォルダを開くときの反応が遅い」
「スリープから復帰できない」
これ俺のパソコンじゃん!!
そういえば数年前にSeagateという会社が起動不能になるというかなり致命的な不具合がありました。なんでもファームウェアに不具合があり昨日まで正常に動いていたのにある日突然立ち上がらなくなるという最悪な物で、自分は某電気店に務めていたのですが、パソコンはもちろんレコーダーも大問題になった記憶があります。しかしこの「低速病」はどうもメーカーは認めていないようです。Seagateみたいにデーターが消えなかっただけ幸せと思うべきか?確かに買った時は激安だったのでやっぱり安いのには理由があるんですね。
さらにいろいろ調べると起動ドライブではなく外付けのケースなどに入れるとバックアップなどには普通に使えるそうなので、スパッと諦めて新しいハードディスクを探します。
ど田舎は一番近いパソコンショップ(家電量販店ではないPCの専門店)まで車で約2時間半かかります往復するだけで5時間ですつまりはほぼ1日潰れます・・・。(どんな所に住んでるんだょ)
急ぐので今回はネットで買おうと思って調べますしかし高い・・・・。去年のタイの洪水でハードディスクの工場が被災して世界的にハードディスクが品不足の為価格が高騰したまま下がってないのです。一番安い時は2TBを7000円切るくらいで買った記憶があるので1TBを9000円とか馬鹿馬鹿しくて買う気になりません。
新しいのを買うのも諦めて今日はスパッと寝ます。明日考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする