ソフトバンク・イーモバイルのWiFiルーター2GHz帯に対応へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Pocket WiFi 301HW、Pocket WiFi 203Zの利用エリア追加

「Pocket WiFi GL09P」「Pocket WiFi GL10P」の利用エリアの追加について

スポンサーリンク

料金は安いんだけどエリアが・・・というのが少なくなると思います。

301HWとGL10P、そして203ZとGL09Pが実質同じ製品、サービスで販売ブランドの違いだけなのですが、ソフトバンク、イーモバイルの4Gルーターが7月上旬以降でソフトバンク3Gの2GHz帯(ソフトバンクの携帯電話・スマートフォンのエリアでプラチナバンドを除いた従来のエリア)に対応します。

以前からソフトバンクは通常の携帯電話・スマートフォンとデータ端末のエリアが異なっていました。他社のように回線の容量に余裕が無くデータ端末の通信を携帯電話と同じ周波数に載せてしまうとパンクしてしまう?とか?そいういう事だったのだろうと思います。

4G(AXGP)やLTEが地方でも市街地ではある程度整備された現在2GHz帯の3G回線にもある程度余裕が出来たので、速度はともかく使えるエリアを広げて利便性を向上させようという事でしょうか?

最も他社では以前からLTEやWiMAXがエリア外で使えない場合は3Gで接続するというのは当たり前に行われていたのですが・・・。

普段の行動範囲は問題無いけど、出張や旅行の時のエリアが・・・というのは減ると思います。速度が遅くても繋がらないよりはいいと思いますので・・・

2GHz帯の3Gに対応するだけで今までよりは地方のエリアがかなり広がると思います。

ただ900MHz(プラチナバンド)に対応しないのが残念ですが、これはおそらくネットワーク側の問題ではなく、単純に端末側が900MHzに対応するように設計されていないのだと思います。現状のポケットWifiを企画された時点では1.7GHz(イーモバイル)の3G以外に国内で接続する事を想定していなかったと思いますので・・・。

次に新たなPocketWifiが発売される時は是非プラチナバンドに対応して欲しいです。そしてAXGPと1.7GHz(イーモバイル)のLTEには対応しているのですが、実はソフトバンクの2GHz帯のLTEに対応していないでこれにも対応して欲しいですね。そうすると安くて市街地では速い、郡部でも繋がるといいサービスになると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする