プラスxi割申込まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

先月末にプラスXi割を申し込んでみたので、その時にわかった事をまとめておきます。

まず↓の画像を見て下さい。手間はかかりますがドコモ本家のXi回線(7GBまで高速通信可能)が2177円/月で使えるようになります。

手間と初期費用はかかりますが、長い目で見ると絶対お得です!

2013-12-07 16.57.47 2013-12-07 16.59.02

プラスxi割は同一名義でドコモの音声回線とデータ回線を契約し適用条件を満たすことによりデータ回線の料金が割引されるサービスです。自分はFOMA iモード機でタイプSS+パケホーダイダブルの回線を代表回線として先日契約したL-01Dの回線の割引を受けられるようにしました。その中で分かった事を書いて行こうと思います。

私は旅先でL-01Dを契約したのですが、旅行のスケジュールの都合上どうしても10月31日に契約する事になり11月はいろいろと忙しくプラスxi割についてよく調べる事が出来なかったのですが、ちょっとどこかのブログを拝見した中に「当月適用は出来ずに翌月適用になる」という内容を読んだので手続きをする気にならず(汗)MNPしたままの状態(タイプxiにねん+xiパケ・ホーダイライト+SPモード)の状態で過ごしました。

スポンサーリンク

1.代表回線は途中で変更する事を考えない方がいい。

私は最初FOMAでパケ・ホーダイダブル2の付いた寝かせ回線を代表回線にしてこの回線の更新月が来たら他の回線を代表回線に変更しようと思っていましたが、オペレーターさんに聞くと途中で代表回線を変更するとその月はプラスXi割の適用外になりXiデータプラン フラット にねんの5,980円がそのままかかるとの事。これはいやなので私の名義で家族に使わせている回線でタイプシンプルバリュー+iモードという回線があったのでこれをタイプSSバリュー+iモード+パケ・ホーダイダブルに変更【そして「今までは電話は出来るだけ使わないで!その代わりメールはどれだけ使ってもいいから!」と言ってたのを「ある程度通話してもいいよ。ただ文字だけのメールはいいけど画像付のメールだけはやめて」と言っておきました(笑)】

そしてこれは後からネットを徘徊していろんなブログ等を見て気が付いたのですが、ドコモのHPを見るとプラスXi割に関する記述のあるページは「プラスXi割キャンペーン」とあります。そうですプラスxi割は期間限定のキャンペーンなのです。確かに公式ページには赤太文字で「お申込み期間:2012年5月1日(火曜)~」「注意お申込み期間の終了につきましては、本サイトにてお知らせします。」と書いてあります。

→つまりその時にプラスXi割キャンペーンがもし終了していたら代表回線の変更は出来ないので、「代表回線の更新月を逃す」or「データ回線のパケット料金は通常料金を払う」という選択をしなければならない可能性があります。もしそんな事になってしまったら何の為にこんな面倒な事をしてまで格安Xi回線を作ったのかもわらかなくなります。(私の手続きをしたオペレーターさんはここまでは教えてくれませんでした・・・。)

2.ライト→フラットは2重課金になる。(※回避方法有り)

11月30日になりさずがに「ヤバイ」と思い朝から151に電話をしてプラスxi割を申し込みました。(因みに151にかけてガイダンスに従い4→1でオペレーターに繋がります) 電話で申し込みの手続きを進めていると

オペレーター:「本日付でXi総合プランを廃止し12月1日よりXiデータプランですね。そしてプラスxi割を適用する為にXiデータプランライトにねんからXiデータプランフラットにねんですね?」

自分:「はい」

オペレーター:「12月はXiデータプランライトにねんからXiデータプランフラットにねん」両方の金額が発生しますが宜しいですか?」

自分:「えっ・・・2重に料金がかかるのですか?」(ネットでいろいろ見ていてたしかパケット料金の2重課金は発生しなくなったと読んだ記憶があったのですが例外があるのかな?)「かからない様にする方法ありませんか?」

オペレーター:「お調べいたします。少々お待ち下さい。(しばらく保留)」「お待たせいたしました 本日付ででXiデータプランへ変更を行いXiデータプランライトにねんを一度適用し 12月1日付でXiデータプランフラットに変更とプラスXi割を申し込む形にすると2重に料金が発生するのを防ぐ事が出来ます」とのこと

自分:「それでお願いします」ということで申し込み完了です。

↓11月中で音声 → データの変更手続きが出来ていて2重課金もされていません

2013-12-09 15.11.04 2013-12-09 15.10.35

2013-12-09 15.10.15 2013-12-09 15.09.31

これも後から調べてわかったのですが、ドコモのパケット定額サービスはダブル → フラット や ライト → フラット(確認がとれてませんがおそらくダブル → ライトも)は2重に課金されます。(これは通信量が少ない代わりに料金が安いという契約なので当然と言えば当然だと思います。これが2重課金にならないのであれば月初はダブルやライトにしておいて通信料が多くなった時点でフラットに変更可能という事になってしまいますからね・・・)

逆に音声→データの変更でも音声ライト → データライトであれば当月中の変更でも2重課金が無いのでこれを利用して11月データライトに変更して12月のデータフラットとプラスxi割を申し込む形であれば2重課金を防ぐ事が出来るということになるようです。そういう意味でどこかのブログには「翌月適用になる」と書いてあったのでしょうか? 今ドコモのホームページを見てもどこにも「翌月適用」とは書いてありません。

良く考えればMNPでなければ最初からデータプランになると思いますし、更に良く考えれば最初MNPの時点で「ライト」ではなく「フラット」にしていれば当月中に音声→データに変更してプラスXi割を組めたのかな?などとも考えてしまい謎が深まります(笑)それでもフラットデータ回線を長い期間格安で使えるのでよしとしましょう(←自分の中で無理矢理納得しようとしています。)

3.プラスxi割を解約するとその月は通常のxiデータプランフラットにねんの料金になる

ドコモもAUみたいな事をするんですね・・・。プラスXi割は解除を申し込んだ当月・又は適用条件を外れた当月に解除となりしかも月末で解約というような予約も出来ないようですね。これはまずい・・・。私が手続きを先送りにしたのもあって更新月と月々サポートが2ヶ月ずれてしまいました・・・。音声⇔データの2年契約があるプランで変更時に違約金はかかりませんが、変更した時点で契約期間はリセットされてそこから新たに2年契約がスタートします。仕方がないので23ヶ月目は高いけど我慢して使いXiデータプラン2にねんへの変更を予約しておいて24ヶ月目の1日で解約するのが一番損が無いかと思います。

ご注意事項のページに
「Xiデータプラン2」「Xiデータプラン2 にねん」の基本使用料および無料通信分の9,524KB(2,500円相当)は日割計算いたします。とありまた別の欄に「Xiデータプラン フラット にねん」「Xiデータプラン2 にねん」「Xiデータプラン ライト にねん」との間の契約変更時には、契約期間は引き継ぎ、解約金はかかりません。とありますので、更新月初日に解約するか再度音声プラン化してMNPする事にします。

という事でプラスXi割に変更するまでのまとめでした。また新たな事が判明したら追記しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする