データと違ってメリット無し?b-mobile通話専用SIMを発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

最近話題に乏しかったb-mobileですが先日の新データSIMに続き通話専用のSIMを発売です。

日本通信、第二陣、使っていない携帯電話が甦るSIMを新発売

要は通話とSMSしか使えないSIMということみたいです。余ってるガラケーを有効活用してみませんか?ということですね。※ドコモMVNOなのでドコモのケータイ又はSIMフリー機のみになります。

しかし私は特別な事情が無い限りはこのSIMをわざわざ契約してガラケーを使うメリットはあまり無いと思います。

通話専用SIMなのでビジネス等でガンガン電話をかける事を想定して一番基本料金が高くその分無料通話も多いプランLと対象にできそうなドコモのタイプMバリュー(ファミ割MAX50又はひとりでも割50加入で計算)を比べてみました。(ここでは比較しやすいように税抜で統一しています)

まずb-mobile 携帯電話SIM プランLの無料通話は5,000円分で通話料はで30秒あたり14円なので1分28円で計算すると

5000/28=178.57  基本料金内で通話出来るのは約178分

そして比較対象のドコモ タイプMバリューは無料通話は2,500円分で通話料は同じく30秒あたり14円なので1分28円で計算すると

4000/28=142.85  基本料金内で通話出来るのは約142分

b-mobile 携帯電話SIM プランLの基本料金は3,710円・ドコモ タイプMバリューの基本料は2,625円

3710-2500=1210  基本料金の差額は1,210円

1210/28=43.21  基本料金の差額分を無料通話超過分で計算を行うと約43分通話出来る事になる。

142+43=185  b-mobile 携帯電話SIM プランLと同じ料金でドコモタイプMバリューは約185分話せる

スポンサーリンク

185-178=7  同じ料金で約7分ドコモの方が長く話せるという事になります。

ドコモであれば本当に電話をかける事が多ければタイプLバリューやタイプLLバリューもあるのでそちらの方が更に通話単価は安くなります。

知らない方も結構いるみたいですがガラケーではiモードの様なネット接続サービスやパケット定額を解約して通話のみ(基本料金+通話料金)で使用する事も出来ます。※当然ですが通話とSMSしか使えなくなります。

現行のスマホ電話SIMの3G版が無料通話の繰り越しが出来ないので、おそらくこれも余った無料通話の翌月繰り越しは出来ないのではないかと思います。

つまり通常の使い方なら料金面のメリットは全く無いと言っていいでしょう。

メリット?も思いつく限り書いておきましょう。

個人で6回線目のドコモ回線を欲しい場合

個人の同一名義の場合契約出来る回線数が5回線までとなっているので(携帯電話不正利用防止の取組みについて)何かの事情があって6回線目の携帯番号が必要で、しかもそれがauやソフトバンクじゃ困る(エリア等?)の場合

⇒ そんな方まずいないと思いますが(笑)回線を借りてはいますが別の会社なので問題無く契約出来る筈です。ちなみにスマホ電話SIMでは特に回線数の制限は無い様ですのでおそらくこれも制限は無いと思われます

どうしても2年縛り(2年契約)が嫌だという方

⇒ ドコモの2年契約無しよりは料金が安くなりますが、こちらも10ヶ月以内の解約は9,000円の違約金がかかるようです。(ニュースリリースの下の方に小さく書いてあります)短期のイベントの窓口にでも使えるかな?と思いましたがそれも高く付きそうですね。

アンチドコモだけどドコモしか電波が入らない所で使う必要がある人(笑)

⇒ 結局回線はドコモなんですけどね(笑)

◆実用的な使い方としては機種変更して余ったガラケーに「プランS」で契約したSIMを入れて子供や普段はあまり携帯の費用無い家族に持たせてほぼ着信用・たまに通話という使い方ですかね?

⇒ドコモでファミリー割引を組むと基本料金780円だけで家族間かけ放題なので家族通話が殆どであればこちらの方がいいのかも?家族以外に10分ちょっとかけても「プランS」と同等か安くつきそうですね。

●データ通信が使えれば自分的にはかなりいいSIM
データに関する記述は全く無いのとガラケーで使うのを想定している様なので、データ通信はどうも出来なさそうですね。いざと言う時に1台持ちでも大丈夫な様に特番にダイヤルしてターボチャージの様な仕組みでデータ通信が使えるとかなり使えるプランになると思うのですが?スマートホンで通話専用という人は少ないとは思いますが、私のメイン回線はタイプ「Xiにねん+Xiカケ・ホーダイ」だけを契約したSIMをXperia rayにいれて通話専用になっているので、iPhone5かL-01Dを持ち歩かないとデータ通信は出来ません。いざと言う時、特に夏場 軽装の時はXperia ray + iPhone5でも2台持ちは負担になります。他の音声+データSIMと違い普段は通話専用でいいのでいざという時だけデータ通信が出来ればすごく助かると思い生ます。

言いたい放題書きましたが、データSIMだとスマートSIMPairGB SIMの様な形で速度や通信量・複数枚シェア等の特色が出しやすいのでしょうが、通話で特徴を出し、本家より安くするのはとても難しいのだと思います。今後に期待です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする